バック・トゥ・ザ・フューチャー☆彡

転職回数の多さに定評のある私。

なので、出会った人の多さも比例しているのですが、
持ち前の人見知りが反比例して「僕は友達が少ない」です…。

そんな中、大阪時代に同じ職場だった同僚と再会しました。

たまたま東京で研修があるということで、上京しているらしく
アキバで会おうということになりました。

ん?何故アキバ?

彼はアニメは観ますが、TVのみの視聴でDVDやBlu-rayを
毎月買っているという話は聞いたことありません。

ましてや、フィギュアや抱きまくらなどのグッズも
持っていないはず。

まぁ、オタクの聖地だし、一度は行ってみたいのかも。

そうして、平日の18時過ぎ。ゲーマーズの前で4年ぶりの再会。

あの時は違って、今はお互いネクタイにスーツ姿。
(あの時も正社員でしたが、私服OKな会社だったのでw)

再会の感動も束の間、彼はヲタトークをはじめます
「いやー実はラブライブ!のアニメにハマっててさー」
「お、おう」

正直未だにμ’sを引きずっている私は、なかなか
Aqoursにのめり込めずにいるのです。

しかし、彼はこんなにもキラキラした瞳で
ラブライブ!の話しをしてくるじゃないですか。

そうだね。私もそろそろ前を向かなきゃいけないのかな。

そう思っていると「誰推しですか?」という質問。

う、正直Aqoursでの推しメンは決まっていない。

ココは、関西のノリでボケをカマしつつも、自分の気持ちを
まっすぐに伝えよう。

「やっぱ真姫ちゃんだね☆」

ガシッ!

固い握手。

「ですよねー。やっぱ真姫ちゃんサイコー」

と破顔一笑。

アレ?
「μ’sかよ!」
ってツッコむのがセオリーなのでは?

その後も彼は、μ’sについて熱く語っています。

しびれを切らした私は
「アレ?今観てるアニメってサンシャインじゃないの?」
と質問。

「はい。最初のラブライブ!をDVDレンタルして観てます」

そっちかーい!

だからアキバに、神田明神に行きたかったのねw

その後もまるで彼は過去からタイムスリップしてきたかのように
「まどマギ」や「化物語(一期)」の話しをしていました。

時代に流されない彼のオタクライフは見習うべきところが
多いように思いました。
スポンサーサイト

半身浴

先日、健康診断がありました。

前日の晩から食べ物を一切口にせず
万全の体制で望みました。

しかし、結果は…

要再検査!

コレステロール値が高いとのこと。

先生の話しを聞いてみると
「適度な運動と、野菜を取りなさい」
とアドバイス。

「では、それを実行すれば良くなるんですね?」
と確認をとると
「いやー遺伝的なものもあるから、分からないけどね」
とまさかの返答。

「どないやねん」と心でツッコミを入れて
退室しました。

しかし、なかなか運動するものメンドくさいもので
「楽して運動効果のあるものはないかしら」と
頭をひねっていたら、ヒラメキました。

そうだ!半身浴がいい。

ネットで調べると30分間がベストとのこと。

アニメ観るのにちょうどいい。

早速iPhoneとDigaをリンクして溜まった
未視聴アニメを消化していきます。

体重、体脂肪も減りまさに一挙両得です。

次の健康診断の結果が楽しみです。

僕の嫁は。

去年の年末。
実にコミケの前日に、社長+システム課で忘年会を行いました。

話は何故か、私の結婚問題へと展開していきます。
そろそろ結婚しなさいと、5方向から集中砲火されます。

「親を安心させなさい」 ……→ 小破
「孤独死になる」……→ 中破
「相手はバツイチでも良いでしょう」……→ 大破

全員上司で年上なので、反論できず、心は轟沈寸前です。

「で、好みの女性を芸能人で言うと?」

でたー、かなり困るこの質問w

「ひーちゃんか、津田ちゃんですかね」
なんて答えて、キョトン顔されても困りますし、
まして「桜井日奈子って良いですよね」
なんてアンサーは、場を凍りつかせてしまいます。

上司は50代女性と60代男性。
ココから導かれる最適解は…
「深津絵里さんが素敵だと思います…」


「おー」
一同納得!

「踊る大捜査線ね」とか
「大和ハウスのCMね」とか
盛り上がっています。

「分かった!深津絵里は無理だけど、嫁候補を探しておくわ」
とその場はお開きになりました。

それから、2ヶ月が経ちましたが、
未だに上司からのお話しはありません……。

2017年 もくひょー

もう既に始まってますね、2017年w

新年早々、言い訳からはじまりますが
最近異常に眠いのです。

休日は0時に寝て8時起床。
14時頃から16時までお昼寝。
そして、また0時に寝るというサイクル。

これは、ホンキを出してないだけで
怠惰に身を委ねれば、お昼前にも眠れますし
21時から就寝することも可能でしょう。

……閑話休題。

さて、さて新年らしく今年の目標を立ててみたいと思います。


難易度:★
【サイトのコードのリニューアル】

最近仕事でweb系の言語を使用しているので
プロっぽいコーディングで書き直したい。


難易度:★★
【アニメを週20本観る(新旧問わず)】


やはり、基本の基本。
インプットしないと、良いものは産まれないはず。
現状観ている、5本(弱ペダ、幼女戦記、亜人、メイドラゴン、うらら)
では、あまりに少なすぎる…


難易度:★★★
【GIFアニメ・イラスト作成】


パタパタアニメは大変だけど、
完成すると謎の感動がある。


難易度:★★★★
【オリジナル4コマのweb公開】


コレは是非、やりたい!
やる気が枯渇する前になんとかw


難易度:★★★★★
【夏コミでフルカラー本】


コレもやりたい!
百合成分高めのキュンキュンしたやーつ。


はてさて、どのくらい達成できるか乞うご期待!?

ノーサイド

先日会社の上司に「麻雀は打てないの?」と
質問されました。

システムエンジニアという職業柄、麻雀が好きな方は多く
幾度となく誘われてきました。

モチロン「咲-saki-」で大体のルールは知っていますが、
「私の海底摸月みせてあげますよ」ということにもならず
断ってきました。

他にも、「フットサル」「プロ野球観戦」「将棋」「カードゲーム」
面白く人気のある趣味をお持ちの方と話しをしましたが、
ことごとく興味が湧きません。
なので、その理由を少し考えてみました。

これらの趣味には、共通して得られる報酬があります。

それは、「勝利」です。

モチロン勝ち負け以外でも、楽しむ要素はあるでしょうが
勝たないと、気持ち良く終われないのではないでしょうか。

ところが私は「勝つ」ということに対して
全く魅力を見出すことが出来ないのです。

そりゃ小学校の頃、徒競走で1等を取れば
嬉しかったですが、それより有志で踊った学芸会の方が
遥かに鮮明に思い出せます。

しかし、勝利のために必死に努力する人には
感動することが出来ます。
つまり、高校球児には共感できますが
プロスポーツの観戦で
応援しているチームの勝敗に一喜一憂
する事ができないのです。

ただ、そんな私でもジャンケンだけは強くありたいと
思っています。
そりゃイベントのジャンケン大会で勝利して
非売品グッズをゲットしたいじゃないですか。

あ、それは「勝ち」が欲しいんじゃなくて
「価値」が欲しいだけでしたねw

HomeNext ≫

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード