スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の嫁は。

去年の年末。
実にコミケの前日に、社長+システム課で忘年会を行いました。

話は何故か、私の結婚問題へと展開していきます。
そろそろ結婚しなさいと、5方向から集中砲火されます。

「親を安心させなさい」 ……→ 小破
「孤独死になる」……→ 中破
「相手はバツイチでも良いでしょう」……→ 大破

全員上司で年上なので、反論できず、心は轟沈寸前です。

「で、好みの女性を芸能人で言うと?」

でたー、かなり困るこの質問w

「ひーちゃんか、津田ちゃんですかね」
なんて答えて、キョトン顔されても困りますし、
まして「桜井日奈子って良いですよね」
なんてアンサーは、場を凍りつかせてしまいます。

上司は50代女性と60代男性。
ココから導かれる最適解は…
「深津絵里さんが素敵だと思います…」


「おー」
一同納得!

「踊る大捜査線ね」とか
「大和ハウスのCMね」とか
盛り上がっています。

「分かった!深津絵里は無理だけど、嫁候補を探しておくわ」
とその場はお開きになりました。

それから、2ヶ月が経ちましたが、
未だに上司からのお話しはありません……。
スポンサーサイト

2017年 もくひょー

もう既に始まってますね、2017年w

新年早々、言い訳からはじまりますが
最近異常に眠いのです。

休日は0時に寝て8時起床。
14時頃から16時までお昼寝。
そして、また0時に寝るというサイクル。

これは、ホンキを出してないだけで
怠惰に身を委ねれば、お昼前にも眠れますし
21時から就寝することも可能でしょう。

……閑話休題。

さて、さて新年らしく今年の目標を立ててみたいと思います。


難易度:★
【サイトのコードのリニューアル】

最近仕事でweb系の言語を使用しているので
プロっぽいコーディングで書き直したい。


難易度:★★
【アニメを週20本観る(新旧問わず)】


やはり、基本の基本。
インプットしないと、良いものは産まれないはず。
現状観ている、5本(弱ペダ、幼女戦記、亜人、メイドラゴン、うらら)
では、あまりに少なすぎる…


難易度:★★★
【GIFアニメ・イラスト作成】


パタパタアニメは大変だけど、
完成すると謎の感動がある。


難易度:★★★★
【オリジナル4コマのweb公開】


コレは是非、やりたい!
やる気が枯渇する前になんとかw


難易度:★★★★★
【夏コミでフルカラー本】


コレもやりたい!
百合成分高めのキュンキュンしたやーつ。


はてさて、どのくらい達成できるか乞うご期待!?

ノーサイド

先日会社の上司に「麻雀は打てないの?」と
質問されました。

システムエンジニアという職業柄、麻雀が好きな方は多く
幾度となく誘われてきました。

モチロン「咲-saki-」で大体のルールは知っていますが、
「私の海底摸月みせてあげますよ」ということにもならず
断ってきました。

他にも、「フットサル」「プロ野球観戦」「将棋」「カードゲーム」
面白く人気のある趣味をお持ちの方と話しをしましたが、
ことごとく興味が湧きません。
なので、その理由を少し考えてみました。

これらの趣味には、共通して得られる報酬があります。

それは、「勝利」です。

モチロン勝ち負け以外でも、楽しむ要素はあるでしょうが
勝たないと、気持ち良く終われないのではないでしょうか。

ところが私は「勝つ」ということに対して
全く魅力を見出すことが出来ないのです。

そりゃ小学校の頃、徒競走で1等を取れば
嬉しかったですが、それより有志で踊った学芸会の方が
遥かに鮮明に思い出せます。

しかし、勝利のために必死に努力する人には
感動することが出来ます。
つまり、高校球児には共感できますが
プロスポーツの観戦で
応援しているチームの勝敗に一喜一憂
する事ができないのです。

ただ、そんな私でもジャンケンだけは強くありたいと
思っています。
そりゃイベントのジャンケン大会で勝利して
非売品グッズをゲットしたいじゃないですか。

あ、それは「勝ち」が欲しいんじゃなくて
「価値」が欲しいだけでしたねw

NO Dojin NO Life

さて、念願の東京でのお仕事に就けた私。
なかなかの残業でも機嫌よく働いていました。
そんな折、かねてより憧れていたCOMIC1の開催の日が迫ってきます。

一般でも参加したことのないこの即売会に
いきなりサークル参加です。
否応でもテンションは上がりますが、
いかんせん執筆の時間がない。

朝、6時に起きて、夜は大体23時前後の帰宅のサイクル。
もともと、睡眠をしっかりとらないと活動に
支障をきたす私は睡眠を最優先事項とし、
執筆はモチロン、アニメ視聴やゲームなどは土日の
睡眠の合間にちょこっと行う生活になっていました。

到底、印刷所に出せる余裕はなく、久々のコピー本。
余裕が有る時に描いたラフ画を寄せ集め、普段からの
寝不足でぷわぷわーおな頭で作業を進めます。

開催日当日の午前3時。
「よし、近所のコンビニへ印刷に行こう」と
PDFにしたデータをSDカードに入れ出掛けます。

昔、iPhoneからWi-Fiで印刷していたのですが
やり方を思い出せるほど頭は回転せず
物理的な方法を選択します。

さて、コンビニに到着。
さすがに深夜なのでお客はいません。

コピー機の前に陣取り、SDカードスロット探します。
「…ない。」
USBのスロットのみで、カードメディアは対応していません。

「マジか…」
ガックリ肩を落とし、コンビニをあとにします。

家に帰り、USBカードリーダーをPCからむしり取り
再びコンビニへ。
USB3.0なリーダーだったので一抹の不安は
ありましたが、あっさり認識。バンバン印刷します。

家に帰り、用紙を半分に折っていきます。
「これ、友達と喋りながら折るとタノシイやつだ…」
とぼっちを噛み締めながら作業完了。
あとはホッチキスでとめるだけです。

ホッチキスがあるであろう、画材箱を広げます。
「…ない。」
ホッチキスの替え針はあるものの本体がありません。

引っ越しの際に何処かのダンボールに紛れてしまったのでしょう。
うず高く積まれるダンボールを見上げ、捜索を断念。
本日3度目コンビニへ。
今、頬をつたう水は、こんな時間まで営業してくれている
コンビニへの感謝としておきましょう。

そんなこんなありましたが、COMIC1は頒布も買い物も
楽しむことが出来ました。

しかーし!

さすがにコミケはコピー本というわけにはいきません。
今回は夏目さんの新作を描きたいというパッションがあります。

だがしかし、物理的に時間がないのです。

そこでとった私の行動。

「スミマセーン。やりたい事あるから会社辞めまーす」

あんなに苦労したのに、我ながら子供だなぁ。

当然、上司から呼び出しw
事情を訊かれます。

前に勤めていた会社では私がオタクなことは
オープンにしていて、コミケにも参加していることを
社長には伝えていたのですが、理解はしてもらえず
「コミケを卒業しろ」と言われたので会社を卒業して
しまいました。

で、まぁ今回もそうなるだろうと思い、辞める理由の
切り札として、今のままだと漫画が描けないと伝えます。

「そうか…なにか手伝おうか?ベタとか?」
予想外のリアクションに私も
「いや、最近はデジタルなんで、ベタとかトーンに時間はかかりません」
と、普通の返しをしてしまいます。

結果。
定時ピッタリに上がる代わりに、減給ということで手を打ちました。

私自身もコミケが終わるまでは、バイトで食いつなごうと思っていたので
有難い提案として、受けさせていただきました。

これで何の障害もなく、同人活動に勤しめる!
と思ってた矢先のTPP。

どうなっちゃうんすかね…。

働くマン

さて、何社目かの面接。

1次面接をしてくださった方は決裁権を持っているようで
トントン拍子に次の筆記試験へと段取りが進んでいきます。

前述の通り、筆記試験(学校の勉強以外)は得意な方なので
試験当日は何の準備もせずに挑みました。

会議室に入ると、既に3名の方が着席されて待機しています。
複数人同時に試験を受けるのは初めてです。

しばらくすると、試験のタイムスケジュールの説明があります。
「最初に数学と国語を45分ずつ、その後、適性試験になります」

なにー!
試験時間が2時間と聞いていたので長いなーとは
思っていたけど、まさか、ガチの試験があるとはっ!

焦りながらも、錆びついた脳みそを無理矢理回転させて
問題を解いていきます。

しかし、如何せん、PCに頼りっきりの私に今更暗算なんて
厳しすぎるっ

そして、ヘロヘロになりながら、数学と国語を終え適性試験。
さすがにこれは楽勝でしょと思っていたら想定外。

私が今まで受けてきたのは、常識的に答えればいける設問。
つまり、「あなたは短気ですか?」とあれば
「違う」を選べばOKってなもんでした。

ところが今回は
「あなたが好きなことは何ですか?」
【スポーツ】
【友人との歓談】
【読書】
【絵画鑑賞】

なんじゃこりゃ!
どれが正解なんて推理出来ねーw

真意を読み取るガッツもなかったので
思うままに答えていきました。

そして、怒涛の2時間が経過、試験終了です。

帰り支度をしていると、「スミマセン、ちょっと残ってもらえますか?」
と声がかかりました。

程なく面接をしてくださった方が来て「試験どうでした?」とニコ顔聞いてきます。
「いやーなかなかキビシイですねーw」と答えると
「まぁ よっぽど酷くなければ、是非入社して頂きたいのですが…」

これは素直に喜べない。
よっぽど酷い可能性があるからw

「試験結果が3~4日後に出るので、また連絡します」
と笑顔で見送られました。

それでも油断せずに求職活動していると、件の会社から採用メールが
届きました。どうやら試験は大丈夫だったようです。

で、入社後の飲み会での一言。

「で、借金はいくらあるの?」とその上司。
「は?何のことですか?」
「大阪から東京へ出てくるって事はそういうことかと思って。
ウシジマくんみたいなこところから電話がかかってくるの
楽しみにしているんだけどw」

「なんですのんそれ?ホントに東京に憧れて来ただけですよ」
「その理由聞いたけど、それって20代前半の子がやることだよ」

そうか!そりゃオッサンがあてもなく東京にやってきたら
何かに逃げてきたと思われるわな。
それで2次面接までいっても落ちまくってたのか!

謎も解けたところで、コレにて完結となります。

HomeNext ≫

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。