スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりでできるかな ~福岡市動物園編~

ゆかりんの福岡公演ですが、初日しか
当選しなかったため、翌日曜日はフリーとなります。

友人は仕事があるので、二日酔いのまま帰郷。
またもボッチとなります。

この日曜日を18きっぷを使用した移動日としても
良かったのですが、折角福岡まで来たので
観光することにしました。

そこで白羽の矢が立ったのが
福岡市動物園です。

この施設は高台にあるため、駅からの上り坂で
多少スタミナを奪われます。

そして、園内も高低差がかなりあるので
歩きやすい靴がオススメです。

まずはテナガザルがお出迎え

テナガザル

正直、森で出会ったら腰を抜かすレベルです。

そして、タイガー。

トラ


ボウズ、よく来たな。と言わんばかりの表情です。

そして、キリン。

キリン

意外と足、早かったです。

そして、カバ。

カバ

ホントに最強か?と疑いたくなるほどのリラックスモード。

レッサーパンダ。アライグマじゃないにゃー。

レッサーパンダ

私のGoogle日本語の予測変換では「あらい」
まで打つと「アライズ」が先に出るお茶目さんです。

そして、ゴリラ。

ゴリラ

これも森で出会ったら、避けて通るレベルですねー。

開放感があって、とても良い動物園でした。
福岡でライブがある時はまた行きたいですね。
スポンサーサイト

伊勢志摩への旅

気付けば私もかなりいい年齢になりました。

私がいい年齢ということは、当然ながら
両親もさらにいい年齢ということになります。

今は元気に歩けてますが、そのうち自由が効かなく
なるかもしれません。

そういやロクに親孝行もしていないので
ここはひとつ500円玉貯金を開放して
旅行でもプレゼントするかなと一念発起。

1泊2日で伊勢志摩へ旅行をしてきました。

式年遷宮ということで、なかなかの混雑ぶり。
テレビでお馴染みの大きな鳥居がお出迎えです。

鳥居

広大な敷地をグルッと回ります。
そういや数年前に社員旅行でこの地を訪れましたが
台風直撃の豪雨の中、よく歩いたものです。

高そうな鯉なんかもいました。

鯉

そして、情緒あふれる参道。

町並み

とても自然豊かなところでした。

紅葉

そして、送迎バスに揺られること30分。
本日の宿泊先に到着です。

当たり前ながら、旅館の周りには
コンビニ等はありません。

しかしながら、目の前は海なので
夏は海水浴客で賑わうことなのでしょう。

そして、お料理。

お造り

部屋ののんびり食すことが出来ました。
そして、旅館代と比べるとなかなかいいお値段のビール。

ビール

まぁラベルがおしゃなので良しとしましょう。

そして、翌日。
年寄りは朝が早いので、起こされ一枚。

朝焼け

自堕落な生活を送っているので、この時間帯の
風景を見るのは久しぶりです。

朝食をいただき、鳥羽駅まで送迎バスで送ってもらいます。
そして、厚かましくついでに鳥羽水族館まで
乗せてってくれとお願いし、到着。

鳥羽水族館

ラッコや

ラッコ

ペンギン

ペンギン

そして、アシカショー。
ダイナミックでした。

アザラシ

このまま、水族館で帰りの電車の時間まで
過ごしても良かったのですが、前日父親が
こんな話をしていました。

「昔、お母さんと二見浦の夫婦岩を見に行ったけど
 全然感動してなかった」と。
母曰くテレビで見るような感じではなかったと。

夫婦岩が素晴らしいのか、がっかり名所なのか
判定するため、予定追加。途中下車をします。

シーズンオフのせいか、二見浦駅からのバスもなく
えっちらおっちら歩いて夫婦岩を目指します。

二見浦

私はコミケやランニングで鍛えいるので
どうってことないですが、両親も歩みは遅いながら
目的地に向かいます。真実を求めて。

そして、ついに到着。カエルさんがお出迎え。

カエル

を、後ろに見えるのが夫婦岩ではないですか。
実にテレビや写真の通りです。

両親に訊くとその時はちょうど引き潮で、
柵から夫婦岩までが地続きになっていて
区別がつきにくかったのだとか。
今回は潮が満ちていて良かったとのこと。

なんじゃそりゃー。
じゃぁ今回もタイミングが悪かったら
その時と同じことになってたじゃん。

夫婦岩

予定外のところで両親は満足したようで
帰りの電車ではスヤスヤと眠っていました。

たまには親孝行も悪くないですね。

ひとりでできるかな? 海遊館編

「普通一人で行かんだろ」って事をやってみる
チャレンジ企画第2弾。
いつかはゆかりんのように「一人焼肉」までを
目標にがんばります!

さて、今回は海遊館。
大阪在住でありながら、2回ほどしか行ったことがありません。
デジイチ片手に颯爽と大阪港へ向かいます。

こみトレでインテックス大阪には行き慣れているので
迷うことなく到着。
大きな観覧車がお出迎えです。

観覧車

さすがに一人で乗るのはアレですが
4月20日まで運休だったのでセーフ。
海遊館へと向かいます。

海遊館

3月2日までイルミネーションが設置されています。
夜まで粘るしかなさそうです。

さて、エントランス。

渡されたチケットにはQRコードの記載があって
改札のガラス部分にかざすと
『ゲートオープンです』とばかりに通れるようになります。

入場するとイキナリお土産屋さんがあるので
あわてんぼうな方は要注意。
一周回るとこの位置に戻ってくるので
全部見終わってからでも遅くありません。

少し進むとトンネル状の水槽がお出迎え。
まるで海の中にいるようです。

そして、ながーいエスカレーターで
一気に8階まで登ります。
あとは大きな水槽の周りを緩やかな
螺旋状になったスロープで下っていくスタイルです。
なので、バリアフリーとなり、車いすの方や
足の悪い方にも安心な設計となっています。

多分、混雑緩和のためだと思うのですが
動物たちのお食事タイムが順路通りではありません。
なので、お目当ての動物の場所まで一気に下って
またエスカで登るといったループを余儀なくされます。

そのため、この日は2周することになりました。
そんな中、まともに撮れた写真となります。

エイ

定番ですね。エイの下からの図。
なんとも言えない良い表情(?)です。

エイ02

カッコいいバージョン。

アザラシ

アザラシ?温泉に浸かっているみたい。
何気にバックに写り込んでいるビル群がおしゃじゃないですか?

アザラシ02

小さい耳介があるのでアシカかしら?

アザラシ03

お休み中

ラッコ

ラッコもいました。
お食事タイムを狙ったのですが、ポジションが悪く
ちょうどガラスが曇っていてその時のはボツです。

ペンギン

ペンギンのお食事タイム、ガラス越しバージョン。
雪が降っていて、飼育員さんがカワイソス。

ペンギン02

ペンギンのお食事タイム、ガラス無しバージョン。
近くて見やすいです。

ペンギン03

飼育員さん、マイペースにお掃除タイム。

イルカ

イルカ。海遊館では、ショーのようなものはやってません。

カニ

カニとその足の間をマイペースに泳ぐ魚。

サメ

サメ。日の丸構図になってしまいましたが、
飛んでるみたいで、個人的にはお気に入り。

ジンベイザメ

そして、メインのジンベイザメ。
魚類で一番でかいヨ。
なので、アホほどシャッターを切りましたが
気に入った写真はわずか2枚。

ジンベイザメ02

これは17時以降、水槽の照明が落とされた夜バージョン。

また、おさわりコーナーがあって、エイとサメに
触れることが出来ます。
お姉さんがマイクで「サメの口には手を近づけないで」
とデンジャラスなアナウンス。

触れた感想。
サメ → ザラついた、まさに鮫肌。
エイ → ヌルヌル。なめこみたい。

ようやく日も暮れてきたので退館。
ライトアップされた海遊館。

海遊館02

くじらはいなかったけど、オレンジ色が夕闇に映えます。

海遊館03

海遊館、征服完了!

ひとり旅、はじめました。

年に3回、18きっぷで東京大阪間を
一人で行き来している私。
一般的に電車に9時間乗るというは
なかなかの小旅行のはず。

しかしながら、観光などはせず
うっすい本を買ったり売ったりしているので
旅行感は皆無となります。

で、今回くだんの18きっぷを1回分余らせていたので
ぶらり旅を思いついたというわけです。

さぁ問題は日帰で、ゆったり出来るのは
どこかということです。

普段行かない西の方を攻めようかと思ったのですが
2009年のゆかりんのカウントダウンライブで
福岡に18きっぷで行った時、寒さで死にそうになったのが
思い出されて二の足を踏んでしまいます。

かと言って名古屋には昔よく行ったので
新鮮味もないし…
そこで白羽の矢が立ったのが蒲郡です。

東京へ行く際の通過点ですが、
よくよく調べるとなんだか面白そうです。

と、言うわけで朝6時蒲郡へ向けて出発しました。

昼少し前に到着し駅に降り立ち、観光施設で
『がまぽん』というクーポン券をゲット。
これで水族館がなんと350円で入れます。

まず最初に向かったのは『蒲郡竹島』
海にぽっかり浮いた島です。

竹島

387mの橋を渡ると『八百富神社』があります。

鳥居

お参りしつつ、島を半周することが出来
ちょっとしたサバイバル感を楽しめます。

そして、『竹島水族館』

水族館

他の水族館と比べると照明が明るく、
普通のレンズでも綺麗に写真が撮れます。

そして、350円なのにアシカショーまで見ることが出来るのです。
さすがに規模は小さいですが、ひと通りの技は見せてくれます。

アシカショー

身体が冷えてきて、お腹もすいてきたので
『やをよし』さんで味噌煮込みうどんを頂きました。

おうどん

八丁味噌が身体に染み渡ります。

そして、帰り道。

マンホール

おしゃですなー

お一人様ですが、十分に楽しむことが出来ました。
また、知らない町をぶらり歩きしたいですね。

2014年の最初の日

さてさて。
年越しの瞬間は爆睡だった私。
せめて元旦くらいはお正月らしく過ごしましょう。

と、言うわけで、大阪へ帰郷がてら、途中下車をして
鎌倉を観光することにしました。

鎌倉を舞台にしたアニメといえば
数ある作品の中から『うた∽かた』が真っ先に
思い出されてしまうほど偏ったオッサンですが
まぁ、ここはオッサンらしく大仏でも見に行きましょう。

江ノ電に乗って最寄りから歩いても良かったのですが
気候が良かったので、iPhone片手にえっちらおっちらお散歩気分。

拝観料200円を払って門をくぐるとすぐそこに大仏さんが
鎮座してらっしゃる。

大仏さん


大迫力の大きさに興奮しながらシャッターを切る。
そして、ぐるりと回りお背中。

背中

通風口のようなものがあって風通しが良さそう。
しかも、20円払えば、大仏さんの中に入れるのだ。

新年早々良い物を見ることが出来、
鼻の穴を膨らませながら、江ノ電の長谷駅に。

ちょうど、電車が来ていたので一枚。

江ノ電

雰囲気のある良いデザインです。

iPhoneで地図を見ると、目と鼻の先が海なので
ちょっと足を運んでみることに。

海

この時期、海の家どころかイカちゃんがいるはずもなく
トボトボと駅に向かいます。

江ノ電に乗って鎌倉駅まで。
予定の時間まで40分位あったので
駅周辺をぶらつくことに。

ここには鶴岡八幡宮があるので、お参りすることにします。
お土産物屋さん道を抜けると立派な鳥居が。

鳥居

そして、その鳥居の下にはキュウべぇさんがw

まったくどこにでもいるものだw

鳥居をくぐり本殿へと向かうとそこには
大勢の参拝客で溢れかえっています。

時計を見ると、乗りたい電車の発車まで
残り20分といったところです。

気ままな一人旅なので予定通りの電車に
乗らなくても良いのですが、ここは大人しく
鎌倉駅に戻ることにします。

予定していた電車に乗り、意気揚々と熱海に向かっていると
強風のため、電車が70分ほど動かず足止め状態。

こんなことならお参りしとけば良かったです…。

HomeNext ≫

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。