夜行バスに乗って

10数年振りに夜行バスを利用する事にしました。

基本私はバスが苦手なので、関東方面に遠征する時は
もっぱら電車を使っていました。

ところが、18きっぷが売り出されていないこの時期
お安い交通手段となると夜行バスとなります。
背に腹は代えられないので、出来るだけ
良いバスに乗る事にしました。

そこでチョイスしたのが、3列独立シート。
これなら隣の人に気を遣う度合いが、だいぶ違います。

問題は、窓側にするか、中央にするかです。
そこで、行きは無難に窓側。
帰りは中央のシートを予約する事にしました。

そして、金曜日。仕事を終えた私は
夜行バスの待ち合わせ場所へと向かいました。
該当の場所では、夜行バスのスタッフの方が
点呼をとっいて、乗車するバスまで
案内してくれるという流れでした。

ほどなく、私が乗るバスの点呼が始まり
一同はバスへと向かいます。
思ったより、座席と座席の間の通路が狭く
身体を横にして、よちよちと歩きながら
ようやく自分の座席に辿り着きます。

折角、窓際をとったのですが
窓は分厚い遮光カーテンが覆われていて
外の景色を楽しむ事は出来ないようです。

大阪を出たバスは、京都でさらに
乗車するお客を拾います。
その後は、車内の電気が落ち
見事に真っ暗となります。

リクライニングシートをフルに倒し
これなら眠れそうと目を閉じます。
しかし、思ったよりバスが揺れるので
なかなか寝付けません。

ベストな姿勢を模索しているうちに
サービスエリア到着。
気分転換に外に出るも、冷たい外気が
容赦なく眠気を奪っていきます。

結局それの繰り返しで、あまり睡眠がとれないまま
バスは品川駅へと到着します。
そして、ここから怒濤の一日が始まるのでした。
…つづく。
スポンサーサイト

HomeNext ≫

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード