スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO Dojin NO Life

さて、念願の東京でのお仕事に就けた私。
なかなかの残業でも機嫌よく働いていました。
そんな折、かねてより憧れていたCOMIC1の開催の日が迫ってきます。

一般でも参加したことのないこの即売会に
いきなりサークル参加です。
否応でもテンションは上がりますが、
いかんせん執筆の時間がない。

朝、6時に起きて、夜は大体23時前後の帰宅のサイクル。
もともと、睡眠をしっかりとらないと活動に
支障をきたす私は睡眠を最優先事項とし、
執筆はモチロン、アニメ視聴やゲームなどは土日の
睡眠の合間にちょこっと行う生活になっていました。

到底、印刷所に出せる余裕はなく、久々のコピー本。
余裕が有る時に描いたラフ画を寄せ集め、普段からの
寝不足でぷわぷわーおな頭で作業を進めます。

開催日当日の午前3時。
「よし、近所のコンビニへ印刷に行こう」と
PDFにしたデータをSDカードに入れ出掛けます。

昔、iPhoneからWi-Fiで印刷していたのですが
やり方を思い出せるほど頭は回転せず
物理的な方法を選択します。

さて、コンビニに到着。
さすがに深夜なのでお客はいません。

コピー機の前に陣取り、SDカードスロット探します。
「…ない。」
USBのスロットのみで、カードメディアは対応していません。

「マジか…」
ガックリ肩を落とし、コンビニをあとにします。

家に帰り、USBカードリーダーをPCからむしり取り
再びコンビニへ。
USB3.0なリーダーだったので一抹の不安は
ありましたが、あっさり認識。バンバン印刷します。

家に帰り、用紙を半分に折っていきます。
「これ、友達と喋りながら折るとタノシイやつだ…」
とぼっちを噛み締めながら作業完了。
あとはホッチキスでとめるだけです。

ホッチキスがあるであろう、画材箱を広げます。
「…ない。」
ホッチキスの替え針はあるものの本体がありません。

引っ越しの際に何処かのダンボールに紛れてしまったのでしょう。
うず高く積まれるダンボールを見上げ、捜索を断念。
本日3度目コンビニへ。
今、頬をつたう水は、こんな時間まで営業してくれている
コンビニへの感謝としておきましょう。

そんなこんなありましたが、COMIC1は頒布も買い物も
楽しむことが出来ました。

しかーし!

さすがにコミケはコピー本というわけにはいきません。
今回は夏目さんの新作を描きたいというパッションがあります。

だがしかし、物理的に時間がないのです。

そこでとった私の行動。

「スミマセーン。やりたい事あるから会社辞めまーす」

あんなに苦労したのに、我ながら子供だなぁ。

当然、上司から呼び出しw
事情を訊かれます。

前に勤めていた会社では私がオタクなことは
オープンにしていて、コミケにも参加していることを
社長には伝えていたのですが、理解はしてもらえず
「コミケを卒業しろ」と言われたので会社を卒業して
しまいました。

で、まぁ今回もそうなるだろうと思い、辞める理由の
切り札として、今のままだと漫画が描けないと伝えます。

「そうか…なにか手伝おうか?ベタとか?」
予想外のリアクションに私も
「いや、最近はデジタルなんで、ベタとかトーンに時間はかかりません」
と、普通の返しをしてしまいます。

結果。
定時ピッタリに上がる代わりに、減給ということで手を打ちました。

私自身もコミケが終わるまでは、バイトで食いつなごうと思っていたので
有難い提案として、受けさせていただきました。

これで何の障害もなく、同人活動に勤しめる!
と思ってた矢先のTPP。

どうなっちゃうんすかね…。
スポンサーサイト

HomeNext ≫

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。