スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼樹うめ展

うめてんてーの個展が上野の森美術館で開催されました。

2012年に京都で行われた「絵師100人展 京都篇」で
早朝から並び、ライブドローイングに参加したことを
懐かしく思い出します。

あの貴重な体験が2015年の今、再現出来るということで
数カ月前から前売り券を買って楽しみにしていました。

開催初日の10月3日。
ハリキッテ朝6時に上野に到着します。

看板


ざっと見て200人くらい列を作っているでしょうか。
颯爽と列に加わろうとすると、前売り券を持っている列と
当日券の列が別々だということを知ります。

「あ」

みるみる私の顔が青ざめて行きます。
そう、前売り券をカバンに入れた記憶が無いのです。

奇跡を願って、カバンを漁るも、トーゼン前売り券は
出てきません。
「あたしってホント馬鹿…」

どーする!?

今更、当日券の列に並んだら、早く来た意味が
全くありません。

でもまぁ取り敢えず入場列に並ぼう。
確か、コンビニでも買えたはずだから
列が固定したら、荷物を置いてダッシュしよう。

入場列に加わり、光の速さで近くのコンビニを検索します。

さすがに公園の中にはなく、少し離れたところにしかありません。
「他に方法はないのか…」

公式サイトをよく読んでみると、webで決済して発券しなくても
スマホで見せるだけのオンラインチケットと
いうのものがあるではありませんか。

さすがに財布は忘れてなかったので、パパっと
決済して、無事QRコードをゲット!
突然スマホが壊れたり、電池切れにならなかい限り
大丈夫です。上野の森美術館ハイテクだぜ。

すったもんだしている間にもドンドン人は増え
広大な公園の特性を活かして列は伸び放題です。

そんなわけでアーリーオープン。
臨機応変なスタッフの対応に感心します。

この日は、グッズを抑える事が目的なので
後ろ髪を引かれながら、歩みを止めず館内を進んでいきます。

そう、物販コーナーが出口にあって一旦会場を出ないと
グッズが購入できないのです。

窓口は4つくらいあるものの、グッズの種類が多いので
やたらと時間がかかります。

それでも、11時過ぎには無事欲しいものは全部買えて
ホクホク顔でとっとと帰路につきます。

なぜなら、次の日サイン会があるので、コレ以上体力を
消耗するわけには行かないのです。

で、翌日。同じ時間の電車に乗って上野へ。

「ワケガワカラナイヨ…」

列は昨日の3倍以上。
うめてんてーの底力を感じます。

でもまぁ、サイン会は抽選だし、当選した場合、サイン会開始の15時まで
することはないので、のんびり待ちましょう。

で、昨日より更に早い90分前のアーリーオープン。
スタッフどれだけ優秀なんだよ。

この日は、多少展示物を見ようと思っていたのですが、
この人数では、抽選券をゲットすることすら危ういので
昨日と同じで入館して、1分で外に出ます。

そんなこんなで、参加抽選券をゲット。

そして、「ディスティニーランドかよ」と
ツッコまざるをえない待ち時間。

300分


時間を潰して、いよいよ当落発表です。

何だか学校の合格発表のようです。

私の番号は…

発表

ない!

まぁ10倍の競争率ではそうそう勝ち抜けませんよね。

それでも、一縷の望みを託して補欠当選が発表される
14時45分まで粘りましたが、補欠枠はなし。
ここまでとなります。

そう言えば、京都でもサイン会には参加できなかったなぁ。
ガックリ肩を落として帰宅します。

そして、蒼樹うめ展最終日。
展示物は図録で堪能したものの
やっぱり生でじっくり観たい!

三度、上野の地へと降り立ちました。

うめてんてー、アスミス、おいちゃんの解説が
聴ける音声ガイドをレンタルします。

音声ガイドの機器が電話のようなフォルムなので
まるで3人と電話しているような感覚に陥り
脳が蕩けてしまいます。

そして、唯一撮影が許されたゆのっちのお部屋

ゆの

この日は宮ちゃんも遊びに来ていました。

宮子

画面左下には、うめてんてーの落書きの"G"が!

その後も、VTRを観たり、ゆのっちの絵描き歌で実際に
絵を描いたりと堪能しまくりです。

そして、なんと偶然にもライブドローイングをしている
うめてんてーを発見!観覧スペースへと急ぎます。

絵はほとんど完成していて、最後の仕上げに入っていました。
この1週間でちょっとずつ描いてらっしゃったのでしょう。

キャンバスの上の方は背が届かない為、
台の上に乗っかりながら描くうめてんてーにぽわわんとなります。

しかし、絵のバランスを見るため、身体を反らして
キャンバスから距離を取ろうとするので危なっかしく
「台から降りてから離れて見てー」とハラハラしました。

そして、無事完成。
大きな拍手の中、スタッフルームへ戻られました。

サイン会には参加できなかったけど、最後の最後で
絵を描くうめてんてーが見られて良かった!

大満足で、上野の森美術館を後にするのでしたー
スポンサーサイト

Home

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。