冬コミ新刊への拾壹の試練

毎度のことながら、冬コミの入稿はバタバタです。

まぁ夏もバタバタですが、去年からカレンダーを作っているので
夏より実際多く描いている事にはなります。

そんな時に『泣きっ面に蜂』、いや『前門の虎、後門の狼』が
正しいでしょうか。
『掟上今日子の備忘録』に出てくる
厄介さんばりのアンラッキーが続きます。

【其の壹】
まず冬コミ当落が決まってから、
11月12月にそれぞれ1名ずつ退職者がでる。

私と直接関係のない部署なので、仕事面での
支障は少ないのですが、トーゼン送別会があります。

お世話になっていたので、モチロン参加したいのですが
いかんせん、お酒が入るので、翌日に影響が出たり
生活のリズムが狂うので体調を崩しやすくなります。

私はびっくりするくらい才能がないので、常に100%に近い
パフォーマンスが発揮できるように、今流行のルーティン
ではないですが、同じ日を繰り返すように気を配っています。


【其の貮】
検定試験。
会社から指定の検定を取るように言われているのですが
いかんせんコミケの時期とドン被りです・・・

まだ、夏の方が時期的にマシでしたが、仕事の方で
トラブルがあり、勉強できずに惨敗…

今回も無残に散ることとなります。


【其の參】
体調不良。
歳のせいか、原稿を描いていると突然
内臓がだるくなり座っていられない状態に。

この後も、だるい状態が続きます。
痛みは全く無いので、病院に行くか迷いましたが
土曜日もやっている内科があったので
行ってみる事にします。

1番に行って、さっさと済ませて原稿に
取り掛かりたかったのですが
すでに4人待ち…
仕方なく、Fate/GOをしながら待ちます。

『痛みがないが、だるく調子が悪い』
という曖昧な状態のため、採血、心電図、血圧、レントゲン
など色々な検査をすることに。

結果、胃腸の疲労ということで漢方薬を処方して
もらいました。
緊急入院とかじゃなくて良かったです。


【其の肆】
声優さんイベント。

「我慢すりゃいいじゃん」という話なのですが
そこは一期一会じゃないですか。
結局、

・ゆかりんFCイベ
・ゆるゆりリリイベ
・Angela路上ライブ
・洲崎西スーパーライブ
・津田家リリイベ

と、まぁ存分に楽しんでいるわけで。


【其の伍】
ガールズ&パンツァーの劇場版が面白過ぎた。

あまりの素晴らしさに3回も観に行ってしまった。


【其の陸】
パソコンの突然の不調。

入稿締め切り1週間前の朝。
いつものように出勤前に軽くネットサーフィンを
していると、突然PCが落ちる。

ブラックアウトのような落ち方に私の顔面は蒼白。
再起動を試みるもどうにもなりません。
そうこうしているうちに出勤時間になり後ろ髪を引かれながら
一旦会社へ行きます。


【其の漆】
作業するための試行錯誤。

ここで旧マシンの出番です。
前に使用していたCore2Duoは調子が悪かったですが
死んではなかったので、一縷の望みを掛けて
引っ張りだし、電源を入れてみます。

反応はあるものの「この起動ドライブにはwindowsが見つからないよ」
的なことを言ってwindowsは起動しません。

さっさと諦めて今のPCをオーバーホールし、
よく見るとマザボにランプが点灯しています。
CPUがダメっぽいです。

私が今使用しているのはi7のSandy Bridgeで
ソケットはLGA1155です。
最新のSkylakeはソケットがLGA1151で当然
下位互換はありません。

つまり、CPUを交換するためには、マザボも交換しなくてはなりません。
で、今のマザボのメモリはDDR4で、これまた
値頃のマザボを選択すると今使用しているDDR3のメモリとの
下位互換はありません。

とどのつまり、最新のCPUを選択した場合、マザボとメモリの
購入が必要で、費用で言うと、7万円近い金額が必要です。
悩んでいても仕方ないので、家電量販店へ向かいます。


【其の捌】
最新 or 在庫処分

期待せずに立ち寄った家電量販店に
ソケットが合う、古いCPUが新品で1,500円で
売っているじゃないですか。
そして、古いi3が6,800円。

一時凌ぎとしては申し分ないです。
しかし、ホントに原因がCPUなの分からないので
帰宅後、CPUを挿げ替え起動しなければ
また、ここまで来なくてはいけません。

ただでさえ時間が惜しいのにこれは悩みます。

もう一つの店舗で店員さんに事情を説明し
知恵を拝借すると、確かに原因の特定は難しいが
CPU、マザボ、メモリを変えればほぼ間違いないだろう
ということになりました。

ここは時間を優先して、この三点セットの購入を決意します。
「スミマセン。在庫ありませんでした…」
「ガーン」


【其の玖】
諦めるということ。

新刊を落とすしかないのか。
だってどうしようもないじゃない。
人生そんな時だったあるよ。

でも、今まで体調が悪い中頑張って
描いてきたし、何より私自身が
私の新刊を楽しみにしている!

折れた心を奮い立たせ、
PCをオーバーホールしホコリを取って綺麗にする。

店員さんが「機械ものだから何かの拍子で動くかも」
と言った言葉を信じて落ち着いて組み立てなおします。

そして電源オン!

BIOS画面キター!
そして、「なんか不正シャットダウンしたらかwindows修復する?」
と言っていたので「オナシャス」といったら無事windows復活!

これでまた漫画が描ける!ありがとう安西先生!


【其の拾】
入稿締め切り2時間前の悪夢。

その後、2度と立ち上がらないことを恐れて
入稿のその時までパソコンの電源入れっぱなしで生活します。

そして、入稿締め切り前日。
21時から始めて、締め切りの9時まで12時間。
なんとかギリで脱稿できそうです。

そして、ついに本誌が完成。
表紙のペン入れも終わりました。この時午前6時。

「ホントにギリだなぁ」と大きく息を吐くと悪夢再び。
PCが突然、落ちました。

落ち着いて、再度電源を入れます。
なんとか起動してくれます。

しかし、保存していなかったので、表紙がラフのままです。

「まぁこのくらいなら取り返せる!」と
2度目の、ペン入れをします。

今度はしっかり保存し、色塗り用にPSDで書き出します。

そして、再びブラックアウト。

「まぁまぁ」と電源を入れるも、立ち上がリません。

「な゛ん゛でだよ゛ぉ゛」

藤原竜也さんの真似をするあっちゃんの真似をしても
状況は好転しません。
「あと2時間もってくれたらいいだけなのに…」

その後、色々試し、起動までは行くものの、度重なる
強制終了で、windowsの起動ドライブが壊れてしまったようです。

時計の針は締め切りの9時を指していました。


【其の拾壹】
色々な助けがあり、新刊が出せる奇跡に感謝。

印刷屋さんに電話をします。
「ス゛ミ゛マ゛セ゛ン゛」

徹夜明けのせいか、藤原竜也さんの真似をするあっちゃんの真似を
し過ぎたせいか、声がガラガラです。

「実はパソコンが急に壊れまして…」
「いつできますか?」
「作業自体は2時間で終わるのですが、
 PCを買いに行かなくちゃならないので…」
「いつできますか?」

仕事で納期をぶっちぎる時の感覚に似ています。

お店が11時オープンだから、その後、セッテイングに1時間だから・・・

「15時には必ず!」
「わかりました。15時まで待ちましょう」
「あざーす」

電話を切った後、11時までの2時間何かできることを考えます。

ダメ元で旧PCを再度立ち上げてみます。
状況は同じですが、記憶が蘇ります。

そう。この旧PCはXPと7のデュアルブートマシンでした。
前からそうだったのですが、XPのドライブからブートして
OSを選択肢ないと起動しないよくわからない子だったのです。

早速XPのドライブからブートし、7を選択すると無事起動。
懐かしいゆのっちの壁紙が表示されます。

しかも、コミスタやイラスタ、フォトショもインストールされている
状態。すぐに作業ができます。

ただ、メモリが2Gしかないので全てにおいてレスポンスが
遅いですが、それでも作業できないよりは遥かにマシです。

チマチマと色を塗り、古いフォトショで入稿用に書き出し
無事脱稿!時間は14時!

その後、22時間ぶりにご飯を食べて
38時間ぶりに眠りにつくのでした。

≪ BackHome

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード