スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューカツ 暗黒編

新卒の方や、他の転職者からみたら
大したことないとは思いますが
苦労知らずの私にとっては、かなりの絶望。

とっくに魔女(魔おっさん?)になっていても
おかしくない精神状態です。
全てがネガティブになってしまいます。

コンビニで飲み物を買うにしても
店員さんが丁寧に「ありがとうございました。」
と頭を下げてくれます。

いやいや、店員さんはちゃんと働いていますが
私は無職なんです。感謝される価値もないんです。
コチラこそ、こんな私に飲み物を売ってくれて
ありがとうございますです。

と、買い物ひとつにしてもいたたまれない気持ちになります。

そんな中、身体が鈍らないように日課で8kmほど
ランニングをしている時のことです。
偶然、前の会社の営業さんにバッタリ会いました。

方やパリっとしたスーツ姿、
コチラはサイズの合っていない安いジャージ。
いたたまれなくなりつつも、少し立ち話をします。

「職の方はどうですか?」という営業さんの問に
「あー 色々面接してるんですけどキビシイですね」
と苦笑いで返すと、ホントに残念そうな顔をされました。

まるで自分のことのように心配してくれるその表情に
この営業さんの人の良さを感じました。

在職中もこの方の部下の話で
「課長は人が見てないところでも絶対手を抜かない」
と言うのが印象的でした。

そんなサプライズ的な励ましをいただき、
とある会社の面接に赴きます。
あいにくのドカ雪でしたがw

求人票に規模の小ささは明記してありましたが
なかなかの小ささっぷり。

ひとつのオフィスを復数の会社が間借りしている感じ。
パーティーションで区切られているものの申し訳程度。

おののきつつも面接が始まります。
いわゆるプログラマにありがちな出向というやつです。

その会社の社員となりますが、プロジェクト毎に
他の会社へ赴き、いろんな会社から集まったプログラマ同志で
チームを組み仕事をするというスタイルです。

当然プロジェクトの期間があり、その仕事が納品されると
また他の会社へ他の仕事をするということになります。

飽きっぽい私の性格からしたら向いているのかもしれません。
ただ、話をよく訊くと社会保険は加入してもらえるものの
プロジェクトとプロジェクトの間、待機期間が発生した場合
お給料は支払われないとのこと。

いわゆるフリーランスでプログラマをするのと
あまり変わらないような気がします。

それでも状況が状況なだけに、その会社が抱えている
案件の面接を受けることにしました。

後日、その会社(A社)と待ち合わせ。
スグに別の会社(B社)の方に引き合わされ
喫茶店で軽く面談。

その後、別の会社(C社)の事務所へ行き面接w
そのC社も別のD社からの受注によるものとなります。

うぉぉ!なんというたらい回しw
役所かよw

D社と直接取引ができたら凄くスムーズなのに
きっとみんなが少しずつ利益が出るようになってるんですね。
世界はそういう風にできている。

ヘトヘトになりながらC社の面接が終わると
A社から連絡があり、E社と引きあわせたいとのこと。

E社の方に連れられてF社へ向かいます。
F社の案件は自社案件でプロジェクトは一人で
好きに作っていいとのことでした。

ををっこの案件受けたいわー
でも3月までと超短期プロジェクトw

そんなこんなで、長い長い1日が終わりました。

で、翌日、冷静になって考えて見る。

この歳でガッツリ開発としてやっていける体力が
あるのだろうか?w

モチロン、プログラミングは大好きですが
めまぐるしく変わる環境にノンストレスで
やっていけるのでしょうか?

否。

せめてもの誠意としてC社、F社の結果が出る前に
A社へお断りのメールをしました。

この判断、吉と出るか凶と出るか…

つづくっ
スポンサーサイト

≪ シューカツ 天元突破編ホームシューカツ 迷走編 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。