スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回淀川市民マラソン

さて、あの激走から1年。
またマラソンの時期がやって来ました。

前回走った会社のメンバーは「1回走っただけで十分」と
口を揃えて言います。

でも私的には「1回だけ」っていうなんちゃって感が
嫌でボッチになろうが今回も走るためにトレーニングしてきました。

マラソン経験者の話を訊くと
「1回目は意外と走れちゃう人が多い。でも2回目は難しい」と云います。

私なりの解釈としては「油断大敵」と判断しました。
マラソンって走り切るのも、リタイヤするのも自分次第。
更に言ってしまうと走りきっても、リタイヤしても1円もお金は動かない
ということです。

スポーツや格闘技は「心技体」とはホントにうまく言ったものです。

では、事前受付のため、現地に向かいます。

18回淀川市民マラソン01

なんとも怪しい雲行きです。

去年もあいにくのお天気でした。
オタク系のイベントでなければ私の晴れ男パワーも
発揮されないのか…

で、翌日天気は回復しないままスタート。

18回淀川市民マラソン02

今回は5時間を切ることが目標です。
前回は前半飛ばしすぎて、30km付近でバテバテだったので
今回は抑えて走ります。

抑えて走っているのに18kmくらいでヒザが痛みだします。
「あれ?おっかしなー」
なかなかペースが上げられません。

スローペースながらも30kmまで走り切ります。
この時点で時間は3時間45分。

私は練習時に1kmを6分ペースで走るので
5時間を切るのはここでスパートをかけなければ
なりません。

痛む左膝と、左足首にムチを打ちながらペースをあげます。

それまでアゲンストだった風もフォローに変わり
ぐんぐんペースが上がっていきます。

足の痛みもだんだん麻痺してきてアドレナリンが
出まくりです。

しかし、今度は肺が悲鳴をあげます。
呼吸を整えるもリズムが狂ってしまい
ペースダウンしてしまいます。

「くっ ここまでか」

アニメだったら三つ編みメガネのブルマっ子が
「私もう走れない。先に行って…」と
笑顔なんだけど眉間のシワと、尋常ない汗で
完全に限界と読み取れる。

「バーカ。お前と一緒にゴールしなきゃ意味ないんだよ」と
無理矢理お姫様抱っこをしてコース脇に運ぶ。
靴を脱がすと、パンパンに腫れあがっている足。

「スグに医者に見せなきゃ」
「ダメ。あなたはゴールして」
キリッとした表情で、ハチマキを目の前に差し出す。

「これ、練習の時にずっとつけてたんだ
だから、このハチマキをあなたと一緒にゴールしてきて」
その力強い瞳に圧され、唇を噛みしてハチマキを受け取る。

「わかったよ。速攻で行ってくるから、そこでちょっと休んでな」
と、颯爽と走りだす…
みたいな事が起こるはずもなく、あえなく残り1kmというところで
時計の針は5時間を経過してしまいました。

なんとか去年のタイムより10分ほど早くゴール。
途中で妄想しなければもう少し早かったかもしれません。

そして、マラソンは走った後が一番大変です。
まず、電車に乗って帰らなければなりません。
この普通の行動が、体力を限界まで使っているので
なかなかに厳しい。

そして、翌日。
筋肉痛で歩くこともままなりません。

去年より、筋肉痛の期間は短かったですが
来年も走るのかと言われれば、素直にクビをタテには
振られません…
スポンサーサイト

≪ オタク大移動 ~お部屋探し編~ホーム就活への活路 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

洲崎西 応援バナー

プロフィール

へなくた

Author:へなくた
ゆるオタです。
ハート弱めです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。